特徴について

バリアフリーのリフォームの特徴とは

年齢を重ねるにつれて、今まで住み心地の良かったマイホームが、暮らしづらくなってしまうケースがあります。 家族の形に合わせてマイホームを住みやすく変えることが出来るのがリフォームです。 住み慣れた環境はそのままにマイホームをより快適に改築することができます。 バリアフリーへのリフォームは玄関周りにスロープを作ったり、玄関ドアやリビングのドアを引き戸にするなど定番の改築があります。 その他にも工務店はさまざまなバリアフリーのアイディアを持っています。 その方法は風呂場やトイレに手すりをつけたり、車椅子に対応して廊下やドアの幅を広げる改築などがあります。 長く住みたくなる愛着のある家に理想のリフォームできます。

リフォームを利用する理由を紹介

住み替えでなく、リフォームを利用する方が増加しています。 その理由はリフォームが住み慣れた環境をそのままに、我が家を快適で暮らしやすくすることができるからです。 年齢を重ねて暮らしにくくなった我が家は、スロープや引き戸を付けるバリアフリーの改築が最適です。 子供が個室を欲しがった時には、ひと部屋を2つに分けたり、吹き抜けのリビングに二階部分を増やす増築がよいでしょう。 子供が巣立った場合には、床面積を減らして生活動線を重視する減築を選ばれる方が増えています。 このようにマイホームの姿を家族の成長に合わせて自在に変えることができ、住み替えよりも費用が少なくて済むというのがリフォームの魅力と言えるでしょう。

ページのトップへ戻る